FC2ブログ

結婚式にピアノ演奏を!披露宴セミ・オーダー・プラン登場!!   2万5千円/3時間

結婚式の演出は、やりたいことも一杯で、とにかくお金が掛かるもの…。
できるだけ、安く、でも上質な時間を演出したい…という方におススメなのが、ピアノ生演奏!ピアノはレンタル料(1~3万前後)は掛かるものの、見た目も美しい楽器だし、とにかく活用用途が広いから、トコトン使える!!

でも、プロを頼むのは予算が…という方のために
この度、ぴあのオフィスから
“披露宴セミ・オーダー・プラン”が登場しました。
プロのこだわり演奏を、低価格でお楽しみ頂けます。

このプラン、何が凄いのかと言うと…

 1.リクエストが何曲でもOK!! 
→事前のアンケート(見本はコチラ)で二人の披露宴イメージを把握!!
→リクエストを盛り込んだ2つの演奏プランからお好きな方を選べる!!

 2.ピアノ・ソロ: 2万5千円!!/3時間程度
・都内近郊交通費込み
・披露宴(3時間程度)のトータル演出料金です。
・ヴァイオリン・フルート・歌手等とのアンサンブルをご希望の方は、ご予算に応じてご提案します。
   
 3.余興・挙式演奏 は、追加料金5千円!!
披露宴との同時お申し込みの方向け特別価格!!

この価格でリクエストにまで応えられるのは、“演奏家の直営事務所”だから。
品質&料金には自信があります!!


まずは、お気軽にお問合せを!!
お問合せページ
TEL:042-703-6088

また、次のような
トコトン音楽演出にこだわりたい方には、
フル・オーダー・プラン(通常プラン)がおススメ! 
出張演奏のページ

♪演奏家との対面による打合わせを時間をかけて行いたい。
全ての曲目をリクエストしたい。
二人の為だけに起こされた選曲・アレンジで演奏して欲しい。
♪オリジナル曲・楽譜の入手しにくい曲を演奏して欲しい
(場合によって追加料金が発生いたします。)

フル・オーダーメイド・プラン
演奏料金:4万2千円
(ピアノ・ソロ、都内近郊出張費込み)
こちらは、音楽事務所との直接契約でも通常10万円前後になるトコトンこだわる人向けのプランになっております。

その他、
ミニ・コンサート or 挙式の演奏
5千円(セミ or フル・オーダーとの同時申し込みの場合)
ミニ・コンサート or 挙式のみ演奏
1万5千円(ピアノ・ソロ 都内近郊出張費込み)

詳しくは、
出張ピアノ演奏のページで、ご案内中!!

ご質問・お見積もりは、「ぴあのオフィス」まで!!
お問合せページ
TEL:042-703-6088
スポンサーサイト



BGMを生演奏にするメリットって何?? (2)

前回は、出張演奏事業を始めたきっかけ…について語りました。
今回からは、具体的に、BGMを生演奏にするメリットをドンドン語って生きたいと思います。

が・・・メリットを語る前に、あえてデメリットを考えてみたいのです。
なぜなら今は、音響技術が発展を遂げ、しかも様々なジャンルで世界のトップ・アーティストが素晴らしい演奏をCDに収録している時代。
下手な生演奏を聴かされるより、優れたCD演奏の方が値段も安く抑えられるし、ずっと良い!というのが、私の考えだからです。

つまり、私の考えるデメリットとは、常に自らに課さなければいけないハードルになっているのです。お客様に音楽を伝えて行く責任…それを考えると、メリットよりも、むしろデメリットの項目の方が増え続ける毎日なのです!

まず、最大のデメリットは、先程の「下手な生演奏を聴かされるより、優れたCD演奏の方が値段も安く抑えられるし、ずっと良い!」に尽きるでしょう。
では、なぜそんなことが起きるのか?
例えば、「ブライダルプレーヤに必要な資質」という項目を色々探してみます。
すると、そこにあるのは、曲の始まり・終わりのタイミングを合わせる能力・盛り上げる場面に曲のサビをうまく入れる能力・初見力(楽譜をパット見てパット弾く)などで、たいていの場合ハッキリとピアノの演奏力や経験はあまり関係ない!と書かれています。

う~ん。それで良いのでしょうか????
職人芸的な能力とアーティスティックな能力を完全に別物と考えて、BGMやミニ・コンサートなどで必要なのは、その場を「こなす能力」のみで、芸術性など二の次だ!と言わんばかり。CDに比べてタイミングを合わせるのが楽だと言う意見もあるのですが、これでは優れたミキサーがいれば、多少、「場が華やかになる」という以外に演奏家がいる必要などないでしょう。

もちろん、タイミングを合わせる、クライアントの希望をにかなう構成をする、短納期でも安定した演奏レベルを保つ…などは、あって当然の能力だと言わざるをえません。
言ってみれば、事務的な能力に入るでしょう。
そして、私が思うこと=大切にしたいこと!
それは、生演奏に触れることが始めての人も多い会場で、これが生演奏の素晴らしさなのだ!と責任を持って演奏することなのです。

その第1番目は、ピアノの音を知ってほしい…。
電子ピアノしかない会場では、話しが変わってきますが、アコースティックな楽器を用意して頂いた時、ピアノの持つ音の「幅を」知って欲しいと思うのです。
ピアノの音ぐらい知ってるよ!!というアナタ。
次回は、「ピアノの音」を徹底追及したいと思います。

音譜3~5月の挙式等にに向けて生演奏をご検討中の方には
ミニ・コンサートプラン(¥15,000)、披露宴トータルプラン(披露宴¥42,000)と共に、
低価格プランもご用意!
また、オリジナル曲の作成、花嫁のピアノ教室など、さまざまなご提案をしています。
歓送迎会・入社式などでの演奏もお受けしております。
ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

ぴあのオフィス
出張演奏の詳細ページ
お問合せページ
TEL:042-703-6088

ピアノ・レッスンを始めよう! 大人のピアノ教室編 Q&A (3)

大人のピアノ教室Q&A第3回は、お忙しい人必見のこの質問です!

Q3.毎週同じ時間、同じ曜日に来れないのですが?
月1回からレッスンを始められないですか?

A3.ぴあのオフィスでは、フリータイム制を実施しているので、生徒さんと講師の間でスケジュールの都合を合わせながらレッスン日時が決められます。お仕事などで忙しい方でもお好きなペースでレッスンを続けて頂いています。
また、練習時間がほとんど取れない生徒さんでも、独自のレッスン・カリキュラムを組むことで、レッスン内で弾けるようにすることも可能に!!

大人の方に喜ばれている、このフリータイム制! 大手のお教室にはできない、スピーディーできめの細かいサービスとして、実施しています。ご要望に合わせてレッスンのご提案をしますので、お気軽にご相談下さいね。

ぴあのオフィス「大人のピアノ教室ページへ」click!

ぴあのオフィスのお問合せ
電話:042-703-6088
お問合せフォーム

公立中高一貫校!入試対策から思うこと(1)

「公立一貫校 超難関」
昨日の読売新聞の夕刊、一面の大見出しがコレ。
保護者説明会では、たくさんの人が集まっているようですが、一般的には、実際どんな制度なのか、さっぱりワカラナイ…というのが実情ではないでしょうか?
私も、つい最近まで、公立中高一貫校というのは、いわゆる私立の中高一貫校(高校募集のない学校)の公立バージョンなのかな!?ぐらいの認識しかありませんでした。

公立中高一貫校…実は昨年から数年ぶりに学習塾に戻って中学受験の指導を再開したのですが、たまたまそこで、この公立中高一貫校の入試対策クラスも夏・冬の2シーズン講習会で受け持つことになりました。公立中高一貫校自体が、まだ歴史の浅い制度である上、私自身も一般的な私立受験とは違って殆ど何も分からない状態…ですが、ピアニスト業をしながらこの公立中高一貫校対策クラスを受け持っているのは、日本中探しても、もしかしたら私だけかも!?と、勝手に思って、この中高一貫校が求めているであろう「教育」の意味を、私なりの視点で考えてみたいと思います!

記事では、入試対策として作文の特訓を行う学習塾が出てきた…ぐらいにしか書いていなかったのですが、この作文指導というのが、中高一貫校を読み取る大きなポイントでしょう!
そして、ここでは、具体的な授業の様子というより(プライバシー保護の問題もあるので)、もっと広い視点で、作文指導から導かれるもの、受験勉強から何を学ぶべきなのか、そして学んだことを、どのように財産にして行けるのか?また、受験(受かる・落ちる)ということからピアノ・コンクールに思うこと…にも繋げていきたいと思います。

教育「産業」を数々見てきた立場で、あえて言うなら、教育は、社会が請け負う「義務」であり、「希望」であり、「文化」なのだと思います。利益を省みない尊いこと。それは、生徒や保護者をお客様にするのではなく、もっと広い視点で、全ての大人が全ての人の為に社会に還元していくこと…なのだと思います。けれども、いつの間にか、それは利潤追求が目的のはずの企業(学習塾)へと、現場が移っていったのも事実でしょうし、そこにあるのは、いつの時代も変わらない、親御さんたちの「良い教育をわが子に与えたい…」という切なる思いがベースにあるのでしょう。少し矛盾しているように感じる、これら現場にいて感じる様々な立場の「思い」を交えながら、連載して行きます!

BGMを生演奏にするメリットって何?? (1)

結婚式や、パーティー・イベントなどで生演奏を依頼される方は多くなっているようです。
ぴあのオフィスでも「出張演奏」事業を行っていますが、「BGMを生演奏にするメリットって何??」では、 都合の良い宣伝文句だけではなく、デメリットも考えた上で、真の「生演奏の魅力」を考えてみたいと思います。

なぜ、こんなテーマを出したのか?
それは、この「ぴあのオフィス」を立ち上げる際に決心したことが、イチ・アーティストとしての誇りを大切に…ということだったからです。
実は長い間、BGM演奏はレベルの低い音楽だという私自身の偏見があったのです…。

ちょっと素敵なレストランでお食事をする時や、結婚式、またイベントやパーティーなど、ゲストとして生演奏に触れる機会は度々あったものの、感動した!!という記憶がほとんどないのです。私の偏見もあったのでしょうが、とりあえず弾いている…という感じで、技術面でも不安定だったり、何より音楽に対しての情熱というものが殆ど感じられない…。けれど、コンサート会場じゃあるまいし、それが当然なんだと、そんなものなんだと、ずーっと思っていました。

それが大きな間違いだとハッキリ気づいたのは私の大切な人たちへ向けた演奏の経験でした。
毎回のように私の演奏会に足を運んで下さるお客様、幼い時から私の成長を見守ってきてくださった方々、友人、知人…少し遠慮がちに「BGMなんだけど」や、「1~2曲しか時間が取れないんだけど」などの後に「沙織ちゃんに弾いて欲しいから…引き受けてもらえる?」と言って頂くとき、豪華なお祝いを包むことはできなくても、私のピアノで喜んでもらえるなら…と、本当に嬉しくて、精一杯頑張ってしまうのです。

私の大切な人たちへ向けて、大切に演奏した時間。それが終わったとき、皆さんから「素晴らしかった」や「楽しませてもらった」「ありがとう」など、たくさんの温かいメッセージを頂いて、最初は知り合いだから贔屓目(ひいきめ)なんだろうな!ぐらいに思っていたのですが、ある時、そういうコミュニケーションの中に音楽を知る手がかりがあったのだ!と気づいたのです。

たくさんの優れたCDで一流の演奏家や海外のアーティストの演奏に、いつでも接することのできる時代に、ピアノ演奏の意義が何なのか…当時はそれが見えなくて苦しかったのです。
その頃より今の方が、音楽というのは(少なくともクラシックは)ただのパフォーマンスではなくて、芸術なんだ!!と強く・強く思うのですが、ここで言う芸術というのは、手の届かない高いところにあるのではなく、むしろ毎日の生活の中に寄り添うものではないか…と思っています。

こうした私なりの演奏家としての方向性が少しずつ見えてきた中で、ソロ活動と共にパーティーなどでも演奏させて頂けたら、自分の音楽をより高めていけるし、少しは皆様のお役に立たせて頂けるのではないか…という確信を持つことが出来て、「ぴあのオフィス」で本格的に出張演奏を受けて行くことになったのです。

また、BGMの場合、パーティー・ゲストは自由におしゃべりをするので、自分の弾いている音も聞こえにくいし、会話の邪魔をしない奏法(高度な伴奏法に通じると思います)が重要になるのですが、これが最近課題にしている「アンサンブルとしてのピアノ音楽」に通じる技術になると思ったのです。ソロ・ピアノは独りでメロディーと伴奏を弾かなくてはいけないので、ピアニストにとってアンサンブルの勉強は必須だと思うのです。

第1回は、私が出張演奏事業を本格的に始めた理由…になりましたが、第2回以降、生演奏の魅力を私なりの視点でドンドン書いていきたいと思っていますので、お楽しみに♪

3~5月の挙式等にに向けて生演奏をご検討中の方には、こだわる人の為の通常プラン(披露宴¥42,000)と共に、リーズナブル・プラン、オリジナル曲の作成、花嫁のピアノ教室など、さまざまなご提案をしています。
歓送迎会・入社式などでの演奏もお受けしております。
ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

ぴあのオフィス
出張演奏の詳細ページ
お問合せページ
TEL:042-703-6088



ピアノ・レッスンを始めよう! 大人のピアノ教室編 Q&A (2)

「初めから、お気に入りの曲でレッスン開始!」

ぴあのオフィスでは、お子様のピアノ・レッスンと共に、大人の初心者・経験者の方を対象にした「大人のピアノ教室」を開講しています。

今日は、生徒さんから寄せられる良くある質問第2弾です!!

Q2.どんな曲からレッスンを始められるのですか?
A2.ぴあのオフィスではお好きな曲でレッスンを開始できます!
初心者であっても、子供っぽい曲は弾きたくないのが、大人の生徒さんです。むしろ、こんな曲が弾けるようになりたい!!と、目標もハッキリしています。
でも、市販楽譜は初心者向きではないので、ムズカシイ…。
そこで、ぴあのオフィスでは、生徒さんのリクエストを受けて、初心者用楽譜をおひとり・おひとりに合わせて作成しています。
だから、最初から好きな曲にチャレンジできるのです!

当教室が楽譜を作成する理由は、アレンジを簡単にして弾きやすくするだけではありません。独りで練習できるように、曲を使いながら楽譜の読み方を学んで頂きたいと思っているのです。
おとなの初心者の場合、楽譜が読めなくて…と言っても結構ドレミぐらいは読めてしまったりするのですが、頭で分かっても指の感覚を掴むのに時間が掛かります。また、リズム感を養うのにも多少時間が掛かります。
そこで、生徒さんに作成したオリジナル楽譜に特化した、ソルフェージュ(音符やリズムの勉強)教材もセットで作成!!どなたでも、楽しく・確実にピアノが弾けるようになっていきます。

この方法で、お好きな曲を、どんどんレパートリーにしてくださいね!

「大人のピアノ教室」へのお問い合わせは、お気軽にお問合せフォームから!

ピアノと教養について思うこと…(1)

前々から扱いたいと思いつつ、書き始めるのにエネルギーがいるテーマだったので、つい後回しになっていた、「ピアノと教養について思うこと…」。たまたま今朝、読売新聞を読んでいると、「日本の知力」というテーマでピアニスト&文筆家の青柳いずみこさんのエッセイが載っていたので、これをきっかけに「ピアノと教養」のテーマを本格スタートしたいと思います!

エッセーの結論は「日本では『音楽は感性。知性・教養はそれを抑圧する』という考えが強すぎる。この通念は変わらないといけないと思う。」
これを分かりやすくすると、日本人は音楽を演奏するのはハートであって理屈じゃない…という立場の人が多すぎる。だからもっと知性も重んじなさい…となるのでしょうか?
そういえば、昨夜テレビ東京の「カンブリア宮殿」という番組で野村克也監督が出ていて、日本的な「気合だ!根性だ!」の精神論は意味が無い。プロ(野球選手)にとって気力・体力は当たり前。磨くべきは知力だ!!と言っているのを見て、なるほど…と思いつつIDデータ野球のピアノ版って何だろう!?思い付かないなあ…と思っていたのですが、コレ、さっきの青柳先生のご意見と殆ど一緒なんですね。

昔、「野球バカ」という言葉があったようですが、同じように「音楽バカ」というのはあると思う…。例えばピアノで音大に行く(コンクールを受ける)となると、日本人は朝から晩までピアノ漬け…練習のためには学校も休むし、家の手伝いなんてしません!!!という考えはとっても多くて、むしろ美徳とされるほど。だから技術力は世界トップ・クラス。でも、野村監督の言葉を借りれば、技術ばかり磨いても知性を育てなければプロではない!!!とボヤキが聞こえそう? 実際、どんなに優れた演奏家でも日本では食べて行くのが難しいのです。

その理由がどこにあるのか? どうするべきなのか? 
この「学ぶということ」では、ピアノそのものの学習から離れて、国数英理社といった学校での勉強、芸術の掘り下げ、その他さまざまな「学ぶこと」について考えていきたいと思います。
おたのしみに♪

ピアノ・レッスンを始めよう! 大人のピアノ教室編 Q&A (1)

「大人の初心者・レッスン対策!」

新年を迎えて、何か新しいことに挑戦したい!と、思っている方も多いのではないでしょうか? 大人のピアノ教室編 (よくある質問 Q&A)では、大人になってからピアノを始めたい方、子供のときに習っていたピアノを再開されたい方から頂く「よくある質問」に、ぴあのオフィスの「大人のピアノ教室」ならではの観点でお答えしていきたいと思います。

第1回の今日は、まずこの質問から…

Q1.まったくの大人の初心者なのですが、ちゃんと弾けるようになりますか?
A1.どんな曲なら弾けるようになりますか?や、本当に弾けるようになるのでしょうか?などは最もたくさん頂く質問です。
結論から言うと、“大丈夫”ショパンを目指して頑張りましょう!なのですが、これをタダのキャッチ・コピーで終わらせないためには、大人の方ならではの苦労ポイントをしっかりと把握して、きちんと対策を講じなくてはいけません。

では、大人の初心者の方ならではの苦労ポイントとは?

1.ピアノを弾くのに必要な筋肉が付いていない
2.仕事などがあって、コンスタントにレッスンを続けるのが難しい
3.練習時間がなかなか取れない

私が挙げるBest3は、こんな感じです。ただ、逆に、大人になってから始めるメリットもたくさんあるんですよ!

メリットBest3!!

1.テンポや拍子、音符の読み方などを頭で考えながら(数えながら)理解することができる!
子供(特に就学前のお子さん)の場合は、かなり難しい能力で、体で覚えてもらうしか方法がないので、結構時間が掛かります…。
2.手が大きいので、曲の制約が少なくて済む。
小さな子供さんの場合は、最初、ド-ソが届けば良い方なので、弾く曲の制約が多いのです。
3.集中力の持続時間が長い!
集中力の持続時間が長い=レッスン時間を長く出来る
→1回のレッスンで学べる量が増えます!!

このメリット・デメリットを色々と考えた上で、「ぴあのオフィス」では大人のレッスンを行っています。

詳しい対策は、質問2「どんな曲からスタートできますか?」、質問3「フリータイム・レッスンも可能ですか?」などで、順次更新して行きますので、お楽しみに!!!

大人のピアノ教室について,詳しくはお問合せフォーム から!

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨秋「ぴあのオフィス」のホームページ開設と共にスタートした、この「ぴあのオフィス便り」ですが、今年は月数回の更新で、少しづつ充実させていきたいと思っています。

これからのクラシック音楽との付き合い方、これまでピアノを続けてきた中での様々な出会いや経験、時には楽曲論など!?それから、BGMを弾く意義、国数英理社というフツーの勉強とピアノのとの接点…など、色々なテーマを設定して、私なりの考えを綴っていきたいと思っています。ぜひ、ご感想などもお寄せくださいね!

まずは、1月4日から大人のピアノ教室のQ&Aと題して、初心者や経験者の大人の生徒さんからの「よくある質問」に答えていきたいと思っています。

それでは、2008年が、皆様にとって良い一年となることをお祈りしております。
本年も、どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

水野沙織

Author:水野沙織
ピアニスト
バナー
♪出張演奏のページ
♪ピアノ教室のページ
♪お問合せページ

CD好評発売中!!

水野沙織 1stミニ・アルバム
巡礼の旅~ポーランド~

水野沙織 1stミニ・アルバム 巡礼の旅 ~ポーランド~

【収録曲】
1.バダジェフスカ/乙女の祈り

ショパン/
2.幻想即興曲、
3.子犬のワルツ、
4.革命
5.ノクターン20番「遺作」


【価格】
1,500円


【特典】
ベアーズミニバック
背中から、かわいいバッグが飛び出す!!

ベアーズミニバッグ


※数に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい

ご購入は「ぴあのオフィス」まで!
メール:info@piano-office.com
電話:042-703-6088
FAX:042-703-6860

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
【♪】演奏サンプル:幻想即興曲

画像クリックで再生ヘッドフォン
動画スタート画面

ピアノ演奏:水野沙織

2007.11.11 録音

画像が表示されない方は、CLICK!
ツイッター
ブログ内検索
最近の記事